住宅模型 製作中に失敗してしまったこと


こんにちは。住宅模型製作担当の柳澤です。
私は、住宅模型を作ることがとても大好きです。上手く出来たらドヤ顔もたまにします。
出来上がったプラン図面を基に、住宅模型を制作していきます。
打合せを何度も重ねていくと、変更箇所が何個も出てきます。
変更に応じて、住宅模型のリフォームもしています。

住宅模型製作風景
先日のブログ【岡谷市権現町のF様 住宅模型で窓の位置を確認していただきました】
F様邸の住宅模型製作時に、私は、大きなミスをしてしまいました。
変更後の図面を見ながら住宅模型をリフォームし、1日掛けて完成させました。
ドヤ顔で担当の社長の元へ持って行くと、
社長が模型と変更前後の図面を見ながら、「んー?」「んーーーー。」と・・・。
自信満々だった私も、不安になり、一緒に模型と変更前後の図面を見比べると、

今回の変更箇所最大のポイント【西側の2箇所の窓の高さ】が
図面では変わっているのに、模型では変わっていない!

うっかり見落としてしまいました・・・。
F様にお見せするのは、翌日の午前10時。茅野のショールームではなく、エーシン岡谷店。
まずは落ち着いて・・・、気合いを入れ直して、翌日の朝早くから作業をしました。
なんとか間に合わせることができ、予定通りのお時間から打合せができたそうです。
「F様に、しっかりご理解頂けて、とても良い打ち合わせが出来た。」との嬉しい報告と、
F様の納得のお顔・楽しそうな笑顔の写真を見せていただきました。

住宅模型 白模型 全体 模型使って確認 住宅模型 白模型 洋室 ご主人と模型でプランニング確認
今回の大きなミスが、建築士の熊谷さん・ブリスライフスタッフとの連携を見直す機会となりました。
また、私の模型製作の取り組み方も変えるキッカケになりました。
お客様の家づくりのポイントなど、スタッフ全員で共有し合って、
マイホームでの幸せな暮らしの為に、今まで以上に全力でサポートをしていきます。
今後とも、よろしくお願い致します。

手作り住宅模型製作締め切り間に合う